テレビで気になるニュース・芸能まとめ

テレビやCM等で、気になるあの子
最新のトレンド・芸能ネタ
今日のニュース・話題
気になった情報を何でも気ままにまとめてます!


    宮崎美子:61歳ビキニが話題 きょう「今くら」で40年前の秘蔵写真をテレビ初公開



    (出典 static.chunichi.co.jp)



    【宮崎美子:61歳ビキニが話題 きょう「今くら」で40年前の秘蔵写真をテレビ初公開】の続きを読む


    森七菜、広瀬すずに“ラブレター”渡していた 好きな気持ちを「ずっと隠してて」



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)



    【森七菜、広瀬すずに“ラブレター”渡していた 好きな気持ちを「ずっと隠してて」】の続きを読む


    ジャンプフェスタ2021、タイムテーブルと視聴方法は?



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    【ジャンプフェスタ2021、タイムテーブルと視聴方法は?】の続きを読む


    錦織圭、元モデル観月あこさんと結婚していた 関係者明かす 約5年前から交際



    (出典 wezz-y.com)



    【錦織圭、元モデル観月あこさんと結婚していた 関係者明かす 約5年前から交際】の続きを読む


    新田真剣佑、来年4月で所属事務所との契約終了 海外での活動メインに



    【新田真剣佑、来年4月で所属事務所との契約終了 海外での活動メインに】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 少考さん ★ :2020/12/11(金) 08:47:08.80 ID:CAP_USER9.net

    菜々緒、大島優子、木村文乃のノリノリ3Sに驚き「チャーリーズ・エンジェルみたい」(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/89e65eb4e1158b2bcd1c4725c6b1a82b8efa81c1
    https://encount.press/archives/118429/

    12/11(金) 7:40配信

    クランクアップの日 「最後の最後に撮影しました」

    テレビ朝日系のドラマ「七人の秘書」の公式インスタグラムとツイッターが10日に更新され、菜々緒、大島優子、木村文乃の3人が「チャーリーズ・エンジェル」風のポーズを決めた3ショットが話題を呼んでいる。

    【写真】「菜々緒の足の位置が…」「凜々しい」 菜々緒、大島優子、木村文乃の「チャーリーズ・エンジェル」風3ショット
    https://www.instagram.com/p/CInIYTZJxVj/

    10日に最終回を迎えた七人の秘書。菜々緒が長谷不二子、大島優子が風間三和、木村文乃が望月千代をそれぞれ演じた中、その放送を前に3ショットがアップされた。

    「あるシーンの撮影後、かっこ良くポーズを決める3人をパシャリ」とつづられており、中央で大島、左右で菜々緒と木村がファイティングポーズを取っている。ハッシュタグで「#クランクアップの日 #最後の最後に撮影しました #ノリノリな3人 #最高です」と締めくくった。

    そんな3人の姿に「チャーリーズ・エンジェルみたい!」と映画を引き合いに出して称賛する声が上がった一方、「菜々緒の足の位置が高すぎ」「三人のポーズ姿がめちゃカッコいい」「凜々しい御三方」などのコメントも寄せられている。



    h
    (出典 instagram.fkix1-2.fna.fbcdn.net)


    【【ドラマ】菜々緒、大島優子、木村文乃のノリノリ3Sに驚き「チャーリーズ・エンジェルみたい」】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 Anonymous ★ :2020/12/11(金) 16:49:33.25

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201211-00000238-spnannex-ent

     「小松の親分さん」や「しらけ鳥」のネタや歌で昭和の人気コメディアンとして活躍した、俳優の小松政夫(こまつ・まさお、本名・松崎 雅臣=まつざき・まさおみ)さんが亡くなったことが分かった。78歳だった。福岡県出身。

     1942年(昭和17年)生まれ。福岡の県立高校卒業後、61年に俳優を目指して上京。さまざまなアルバイトを経験した後、自動車のセールスマンに。敏腕セールスマンとして高収入を得ていたが、雑誌の片隅に出ていた植木等さんの「付き人募集」を見て応募し、64年から付き人兼運転手となった。

     俳優志望だったことを知った植木さんらの尽力もあり、徐々にテレビへ出演。昭和30年代から40年代にかけ人気番組だった日本テレビ「シャボン玉ホリデー」でセールスマン時代のエピソードをもとにした「見ろ!お前のせいで怒られちゃったじゃないか。もう、知らない、知らない、知らなぁーい、もー!」がうけて人気に。その後も映画評論家の淀川長治氏のものまねや伊東四朗との名コンビで人気となった、テレビ朝日「みごろ!食べごろ!笑いごろ!」(76年10月~78年3月)からは「しらけ鳥音頭」がヒット、TBS「笑って!笑って!!60分」(75年4月~81年3月)では「小松の親分さん」などのネタが子どもを中心に話題となった。

     俳優としてもテレビや映画、舞台で時代劇から現代劇まで幅広く活躍。2011年6月からは社団法人日本喜劇人協会の10代目会長を務めた。


    【【速報】俳優の小松政夫さん死去 78歳】の続きを読む

    このページのトップヘ